もしかして子供がいじめられている?そんな時は探偵に依頼しよう

子供がいじめられているのではないか、と心配ではありませんか?子供が急に学校に行きたがらなくなった。持ち物が汚れているなど。これはもしかしていじめ。そう思って子供に問いただしたところで子供がいじめられていないと言う。でも、明らかにいじめられているような痕跡がある。このままでは不安ですよね。そこで解決手段として探偵に依頼する方法があります。
・子供のいじめ問題を探偵に依頼する理由
子供のいじめの問題をなぜ探偵にお任せするのかというと、学校が役に立たないからです。子供がいじめられている事を認めず動かない学校に対して、いじめの確かな証拠を掴んでいじめをやめさせるように動いてもらうためです。学校側はいじめなど無いという事にしてきます。いじめの事実があるとややこしいからです。とにかく学校側は確実な証拠を見せられないと重い腰を上げません。そこで探偵事務所に協力してもらうのです。証拠を掴む事ができれば、学校側は逃げる事はできなくなります。証拠を見せつけた事で学校側はいじめの加害者の子供とクラスを分ける事で自分の子供を離してくれたり、いじめた子供とも話し合いの場を設けてくれたりして、いじめに対してのなんらかの処置をしてくるようになります。
・どうやって調査するの?
いじめの調査の仕方は探偵事務所によっては多少の違いはありますが、例えば子供に録音付きカメラを内蔵した文具を所持させて、いじめられている姿を録音、撮影して証拠を記録したり、探偵が下校時などに合わせて尾行して、子供がいじめられていないか調査などをする事があります。当然いじめの現場は撮影します。日本人の若者は自殺率が高い事で知られています。学校が何もしてくれないのなら、自分達で動いて手を打たなければなりません。行動が遅れると子供が自殺にはしる事も考えられます。いじめというのは永遠のテーマです。親御さんの時代にもいじめはあったように今でもいじめは続いています。異変を感じたらできるだけ早くに対処するようにしましょう。