探偵は困った時に警察以上に頼りになる存在

友人から借金の申し込みがあり、少額ですが貸しました。
その時借用書も書いてもらったのですが、友人は返済途中で連絡が取れなくなってしまったのです。
警察へ行くにも相手の行方が判らないのでは、と思って探偵事務所へ行き、調査を依頼しました。

取り急ぎ1週間の調査をお願いしたのですが、「毎日○○を捜索、姿見えず」等の報告をして下さいました。
そういった報告があると、こちらとしても現状が知れてとても安心します。
そして1週間の調査で無事に友人の居場所が判り、何とか残りのお金も返してもらえました。

友人は人知れず引っ越ししており、誰とも連絡を取っていなかったのです。
あのまま自分1人で探したのでは、絶対に見つける事が出来ませんでした。
探偵というシステムは、私のように探す手段も伝手もない、途方に暮れた人間にとってとても有難い存在です。

他にも、探偵事務所で別件依頼をした事があります。
その時は、盗聴捜査でした。
実は妹が1人暮らしを始めて暫く経った頃に「ストーカーされているかもしれない」と相談に来たのです。
家に帰ってすぐインターフォンが鳴る、家の中で電話で話していた事を手紙に書いてポストに入れられる等不審な点があったのでした。

一度警察へ行きましたが「見回りします」としか言われなかったのです。
そこで探偵に依頼して、見事調査開始から2週間足らずで盗聴器とストーカーを見つけ出してくれました。

ストーカーは妹の大学の同級生で、恋心が暴走してしまったようです。
電話の内容が知られていたのも、盗聴器が取りつけられていたからでした。
警察がしてくれたのは家の見回りだけ、探偵事務所がしてくれたのはその原因を捕まえる事です。

探偵は他にも、浮気・素行調査等もしてくださいます。
料金も低価格な所が多く、気軽に相談できるというのも良いです。
何か行動を起こすのも、確かな証拠があると行動を起こしやすいものです。
その「確かな証拠」は、個人では見つけにくいものでも、探偵という存在にお願いする事で確実に事を動かせます。